“きぼう”を見出す最先端のがん治療・がん予防

  1. HOME
  2. > BAK療法について > 治療プロセスと特許技術

特許を取得しています

がん治療 免疫細胞「BAK療法」独自の特許技術

免疫細胞「BAK療法」の特許証と商標登録証

がん治療 免疫細胞「BAK療法」は、がん細胞を攻撃するキラー活性を増強したリンパ球として特許を取得しています。免疫細胞を増強・活性化させる物質であるインターフェロンα、インターロイキン2の処理により細胞を攻撃する力であるキラー活性を増強します。

右の写真は特許証と商標登録証です。

培養する免疫細胞が約100億個と圧倒的に増殖します

がん治療 免疫細胞「BAK療法」独自の無血清培地を使用

無血清ALyS-bak培地

免疫細胞療法は、細胞を培養する為に培地と言われる栄養源を使います。がん治療 免疫細胞「BAK療法」で使用する無血清ALyS-BAK培地は、他の培地に比べ、免疫細胞増殖機能が極めて優れています。

がん治療 免疫細胞「BAK療法」では約100億個の免疫細胞を増殖する事が可能です。また、人血清を使用しないため、病原ウイルスやマイコプラズマや細菌等の感染の恐れがありません。

副作用がありません

がん治療 免疫細胞「BAK療法」は、培養の最終段階で活性化処理に使用する薬剤を取り除き、患者さん自身の免疫細胞だけを戻すので、副作用がありません。投与した当日、38度台まで発熱する場合がありますが、これは免疫細胞とがん細胞が闘い始めたためで、数時間後には平熱に戻ります。

 

>>次ページへ「治療の流れ・治療対象」

ドクターによる問診

ドクターから直接電話でご相談に応じます

がん治療でお悩みの方へ

がん治療 免疫細胞「BAK療法」についてドクターと直接ご相談頂けます。お気軽にご相談下さい。

相談する

お問い合わせ・資料請求

がん治療 免疫細胞「BAK療法」に関するお問い合わせ、資料のご請求を承っております。

資料請求する

きぼうの杜クリニック

〒989-3212
仙台市青葉区芋沢字権現森山82-14

完全予約制
午前  9:00~12:00
午後 13:00~17:00
(休診日 土曜日・日曜日・祝祭日)


Top