“きぼう”を見出す最先端のがん治療・がん予防

  1. HOME
  2. > 食道がん

食道がんとは

食道がんとは、食道の組織内に発生するがんの総称です。
日本人の食道がんは、約半数が胸の中の食道の真ん中から発生します。食道がんは食道の内面をおおっている粘膜の表面にある上皮から発生します。食道の上皮は扁平上皮でできているので、食道がんの90%以上が扁平上皮がんです。食道がんは全がんの4%前後を占めております。50歳代以降は加齢とともに急激に増加し、ピ-クは60歳代です。男女比は5:1で男性に多いがんです。経年的にみると男性では横ばいであるのに対し、女性では年々減少しております。胃がん、大腸がんを含む消化管のがんの中では予後は極めて悪いのが食道がんです。これはリンパ節転移が多いことと、食道は他の消化器臓器と異なり漿膜(外膜)を有していないため、比較的周囲に浸潤しやすいことが上げられます。

食道がんの原因

食道がんの主な原因として、喫煙や大量のアルコールがあります。いずれか一方でもがんの危険因子となりますが、両方の条件が揃うとさらにリスクが高まります。飲酒の場合には、量の問題だけでなく、アルコール度数の高いお酒を好む場合により危険が高まるとされています。熱い食べ物や飲み物、辛い食べ物、刺激の強い食べ物なども、食道粘膜への刺激が多く、細胞が傷ついてがん化しやすいとされています。また、肉や魚の焦げに含まれるニアトロアミンは食道がんのリスク因子と考えられています。

食道がんの症状

早期の食道がんでは、症状はあまりありませんが、あってもその症状は軽く、食べ物を飲み込んだ時に、しみたり少し痛んだりする程度です。食道がんが進行すると、食べ物を飲み込む時に途中でつかえたり、胸のあたりに異物感を感じたりします。さらに進行すると、食道を塞いで水も通らなくなり、唾液も飲み込めずに戻すようになります。進行したがんが食道の壁を突き抜けて出てくると、周りの臓器を圧迫するので、胸の圧迫感や背中の痛みを感じるようになります。食道がんがかなり進行して気管、気管支、肺へと及ぶと、咳が出たり血の混じった痰が出るようになります。一般に進行したがんでは良く見られる症状ですが、食べ物がつかえるため、食事量が減ることで体重が減少してきます。3ヶ月ほどの期間に5~6kgも体重が減ったら要注意です。食道のすぐわきには声を調節する神経があり、がんが進行してこの神経に影響が出ると、声がかすれてきます。

食道がんの症例とBAK療法の治療効果

がん治療 免疫細胞「BAK療法」は非常に高い治療効果を実証しています。

ドクターによる問診

ドクターから直接電話でご相談に応じます

がん治療でお悩みの方へ

がん治療 免疫細胞「BAK療法」についてドクターと直接ご相談頂けます。お気軽にご相談下さい。

相談する

お問い合わせ・資料請求

がん治療 免疫細胞「BAK療法」に関するお問い合わせ、資料のご請求を承っております。

資料請求する

きぼうの杜クリニック

〒989-3212
仙台市青葉区芋沢字権現森山82-14

完全予約制
午前  9:00~12:00
午後 13:00~17:00
(休診日 土曜日・日曜日・祝祭日)


Top