“きぼう”を見出す最先端のがん治療・がん予防

  1. HOME
  2. > 膵臓がん

膵臓がんとは

膵臓がんとは、膵臓に発生するがんの総称です。
膵臓がんの90%は侵潤性膵管がんで、他には腺房細胞がん、内分泌腫瘍などがあります。膵臓がんは初期症状がほとんどなく、膵臓がんと診断された時には進行していることが大半で、また、転移の可能性が著しく高く、外科手術の適応が難しいことや切除しても再発のリスクが高いことから、消化器系がんのなかでも治療が最も困難ながんの1つです。

膵臓がんの原因

膵臓がんが発症するはっきりとした原因は、今のところ解明されていません。ただ、喫煙、飲酒、肥満など生活習慣が影響していると考えられています。その他に糖尿病、慢性膵炎なども発生リスクが高いというデータがあります。

膵臓がんの症状

食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛、長く続くみぞおちや背中の痛み、腰痛、急激な体重減少、消化不良、全身倦怠感、黄疸、糖尿病発症または悪化などがあります。また、末期になると背部痛や膵臓周辺の痛みがさらに強まり、大変苦しくなります。

がん治療 免疫細胞「BAK療法」は非常に高い治療効果を実証しています。

ドクターによる問診

ドクターから直接電話でご相談に応じます

がん治療でお悩みの方へ

がん治療 免疫細胞「BAK療法」についてドクターと直接ご相談頂けます。お気軽にご相談下さい。

相談する

お問い合わせ・資料請求

がん治療 免疫細胞「BAK療法」に関するお問い合わせ、資料のご請求を承っております。

資料請求する

きぼうの杜クリニック

〒989-3212
仙台市青葉区芋沢字権現森山82-14

完全予約制
午前  9:00~12:00
午後 13:00~17:00
(休診日 土曜日・日曜日・祝祭日)


Top