“きぼう”を見出す最先端のがん治療・がん予防

  1. HOME
  2. > 卵巣がん

卵巣がんとは

卵巣がんとは、卵巣に発生するがんの総称です。
卵巣は、女性の生殖器系にある一対の臓器です。骨盤内にあり、子宮の左右に位置しています。卵巣は卵子をつくりだし、女性ホルモンのエストロゲンを分泌します。卵巣は表層上皮や性策間質、胚細胞といった組織で構成され、それぞれに腫瘍が発生します。卵巣がんは表層上皮に発生する上皮性がんが約9割を占めています。次に多いのが胚細胞性腫瘍という卵子のもととなる胚細胞にできるがんになります。卵巣がんの罹患率は40歳代から増加し50歳代前半でピークに達します。

卵巣がんの原因

卵巣がんの発生にはエストロゲンが大きく関与していると考えられています。初潮が早い、閉経が遅い、妊娠や出産の経験がない人は、エストロゲンにさらされる期間が長くなり、通常よりも卵巣がんになるリスクが上がるとされています。

卵巣がんの症状

卵巣がんは大きくなるまで無症状のことが多く、大きくなってくると下腹部にしこりを感じたり、圧迫感により尿が近くなるといった症状が現れてきます。人によっては、少し進行した時点で、お腹の張り、腹痛、骨盤の痛みに気づくことがあります。さらに進行すると、腹水が溜まる、出血、体重減少などの症状が出てきます。

がん治療 免疫細胞「BAK療法」は非常に高い治療効果を実証しています。

ドクターによる問診

ドクターから直接電話でご相談に応じます

がん治療でお悩みの方へ

がん治療 免疫細胞「BAK療法」についてドクターと直接ご相談頂けます。お気軽にご相談下さい。

相談する

お問い合わせ・資料請求

がん治療 免疫細胞「BAK療法」に関するお問い合わせ、資料のご請求を承っております。

資料請求する

きぼうの杜クリニック

〒989-3212
仙台市青葉区芋沢字権現森山82-14

完全予約制
午前  9:00~12:00
午後 13:00~17:00
(休診日 土曜日・日曜日・祝祭日)


Top