“きぼう”を見出す最先端のがん治療・がん予防

  1. HOME
  2. > 子宮体がん

子宮体がんとは

子宮体がんとは、子宮内膜がんとも呼ばれるように、胎児を育てる子宮の内側にある子宮内膜から発生するがんの総称です。
子宮は女性の生殖器系であり、骨盤の中央に位置しています。子宮の入口付近(膣に近い部分)を子宮頚部、子宮の上部、袋の部分を子宮体部と呼び、それぞれの部位に生じるがんを子宮頸がん、子宮体がんとよび、同じ子宮がんでも区別して考えられます。子宮体がんが発生する率は、子宮頚がんに比べて少なく以前は1割未満でしたが、最近は子宮体がんの患者さんが増加傾向にあり、子宮がん全体の2割程度になってきました。子宮体がんの罹患率は、40歳代後半から増加し、50歳代から60歳代にピークを迎え、その後減少します。

子宮体がんの原因

子宮体がんの原因は、エストロゲンによる子宮内膜の刺激作用が関与しています。そのため、中高年(50~60代で好発)・初潮が早い・閉経が遅い・出産歴がない・肥満・糖尿病・高血圧など、エストロゲンの影響が強い人はよりリスクが高くなります。

子宮体がんの症状

子宮体がんは、比較的初期のうちから不正出血が起こります。他に、おりもの、排尿痛または排尿困難、性交時痛、骨盤領域の痛み、過多月経や不規則月経などの症状が現れることもあります。

がん治療 免疫細胞「BAK療法」は非常に高い治療効果を実証しています。

ドクターによる問診

ドクターから直接電話でご相談に応じます

がん治療でお悩みの方へ

がん治療 免疫細胞「BAK療法」についてドクターと直接ご相談頂けます。お気軽にご相談下さい。

相談する

お問い合わせ・資料請求

がん治療 免疫細胞「BAK療法」に関するお問い合わせ、資料のご請求を承っております。

資料請求する

きぼうの杜クリニック

〒989-3212
仙台市青葉区芋沢字権現森山82-14

完全予約制
午前  9:00~12:00
午後 13:00~17:00
(休診日 土曜日・日曜日・祝祭日)


Top