“きぼう”を見出す最先端のがん治療・がん予防

  1. HOME
  2. > 副腎がん

副腎がんとは

副腎がんとは、副腎に発生するがんの総称です。
副腎にできる腫瘍には、ホルモンを過剰に分泌する「機能性腫瘍」と、ホルモンを過剰に分泌しない「非機能性腫瘍」があり、どちらもほとんどが良性ですが、中には悪性のものも発生することがあります。この悪性の腫瘍が「副腎がん」と呼ばれるものです。 やや女性に多く発症し、年齢に関係なく発生します。

副腎がんの原因

副腎がんが発症するはっきりとした原因は、ほとんど解明されておりません。特定の遺伝性疾患のある人では発生リスクが高くなるといわれています。

副腎がんの症状

機能性の副腎がんは、ホルモンが過剰に分泌されるので、その分泌されるホルモンの種類によって様々な症状が起こります。 非機能性の副腎がんでは、機能性の副腎がんとは違い、ホルモンを過剰に分泌しないため、自覚症状があらわれないことも少なくありません。

がん治療 免疫細胞「BAK療法」は非常に高い治療効果を実証しています。

ドクターによる問診

ドクターから直接電話でご相談に応じます

がん治療でお悩みの方へ

がん治療 免疫細胞「BAK療法」についてドクターと直接ご相談頂けます。お気軽にご相談下さい。

相談する

お問い合わせ・資料請求

がん治療 免疫細胞「BAK療法」に関するお問い合わせ、資料のご請求を承っております。

資料請求する

きぼうの杜クリニック

〒989-3212
仙台市青葉区芋沢字権現森山82-14

完全予約制
午前  9:00~12:00
午後 13:00~17:00
(休診日 土曜日・日曜日・祝祭日)


Top