“きぼう”を見出す最先端のがん治療・がん予防

  1. HOME
  2. > 悪性骨腫瘍とは

悪性骨腫瘍とは

悪性骨腫瘍とは、骨に発生するがんの総称です。
「原発性悪性骨腫瘍」「続発性悪性骨腫瘍」の大きく2つに分類されます。

原発性悪性骨腫瘍・・・手足・脊椎・骨盤など、骨そのものから発生した悪性腫瘍のことを示します。あまり見られない稀ながんです。様々な種類がありますが、代表例として骨肉腫、軟骨肉腫、ユーイング肉腫が挙げられます。

続発性悪性骨腫瘍・・・内臓のがんや他の部位の肉腫など、体の他の部分に生じた悪性腫瘍が骨に転移したものをいい、多くの進行したがんや肉腫で生じるために頻度が高い疾患です。どのようながんでも骨に転移する可能性はありますが、転移しやすいがんとしては、乳がん、肺がん、腎臓がん、前立腺がん、甲状腺がんなどがあります。

悪性骨腫瘍の原因

原発性悪性骨腫瘍が発症するはっきりとした原因は、今のところ解明されていません。しかし、過去に何かの病気の治療により、大量の放射線を浴びた経験のある人は、発症のリスクが高くなるといわれています。続発性骨腫瘍が発症する原因は、体の他の臓器にできた悪性のがん細胞が、血液やリンパの流れによって骨髄に運ばれて発症します。

悪性骨腫瘍の症状

痛み・腫れを伴います。初期には運動時にのみ痛みを感じます。ただし、進行するにつれ安静時にも痛むようになります。また、骨がもろくなるので、少しの衝撃でも骨折の可能性があります。また、脊椎の転移腫瘍が神経を圧迫した場合、手足が麻痺したり、しびれたりすることがあります。

がん治療 免疫細胞「BAK療法」は非常に高い治療効果を実証しています。

ドクターによる問診

ドクターから直接電話でご相談に応じます

がん治療でお悩みの方へ

がん治療 免疫細胞「BAK療法」についてドクターと直接ご相談頂けます。お気軽にご相談下さい。

相談する

お問い合わせ・資料請求

がん治療 免疫細胞「BAK療法」に関するお問い合わせ、資料のご請求を承っております。

資料請求する

きぼうの杜クリニック

〒989-3212
仙台市青葉区芋沢字権現森山82-14

完全予約制
午前  9:00~12:00
午後 13:00~17:00
(休診日 土曜日・日曜日・祝祭日)


Top