“きぼう”を見出す最先端のがん治療・がん予防

  1. HOME
  2. > 肉腫(軟部肉腫)とは

肉腫(軟部肉腫)とは

肉腫(軟部肉腫)とは、体の軟部組織から発生するがんの総称です。
軟部、軟部組織とは、体の肺や肝臓などの実質臓器と支持組織である骨や皮膚を除いた筋肉、結合組織(腱)、脂肪、血管、リンパ管、関節、神経を指します。この腫瘍は、手足、体幹(たいかん:胴体)、頭頸部など体のいろいろな部位に発生します。日本での発生率は10万人に2人程度でまれな腫瘍です。軟部肉腫の種類は多く、30種類以上あり、平滑筋肉腫(へいかつきんにくしゅ)、悪性線維性組織球腫および脂肪肉腫の発生率が高く、他に横紋筋肉腫、皮膚線維肉腫、血管肉腫、悪性末梢神経鞘腫瘍、および線維肉腫などがあります。

肉腫(軟部肉腫)の原因

肉腫(軟部肉腫)が発症するはっきりとした原因は、今のところ解明されていません。環境的要因と明らかな関連性は、どの型の肉腫にも認められていません。しかし、近年ではそれぞれの肉腫に遺伝子レベルでの原因究明が進んでおり、発症者に共通してみられる遺伝子の変異が次々に見られています。肉腫の種類により、発生部位に違いが見られます。脂肪肉腫と悪性線維性組織球腫は特に大腿に多く、滑膜肉腫は大きな関節の近くに発生します。平滑筋肉腫は後腹膜(こうふくまく)や腸間膜(ちょうかんまく)に発生することが多く、横紋筋肉腫は頭頸部や膀胱(ぼうこう)の近くに多く発生します。線維肉腫はいろいろな部位に発生しますが、比較的体幹に多く見られます。

肉腫(軟部肉腫)の症状

肉腫(軟部肉腫)の大部分は、皮下や筋肉の中にできたこぶのようなものです。症状としては痛みのないしこり(腫瘤:しゅりゅう)や腫れ(腫脹:しゅちょう)ですが、痛みがないために放置されていることも多く、大きな腫瘤になってから受診することもあります。また、大腿など筋肉の厚い場所に発生すると、腫瘤が触れにくいため、大腿全体が大きく腫れたようになっていることもあります。また、手足にできた腫瘍が大きくなると関節が曲がらなくなったり、座ることができなくなったりすることもあります。一部には腫瘍自体に痛みがあったり、腫瘤が大きくなり神経を圧迫して痛みを伴うこともあります。また、皮膚の色が変わったり、潰瘍(かいよう)になることもあります。

がん治療 免疫細胞「BAK療法」は非常に高い治療効果を実証しています。

ドクターによる問診

ドクターから直接電話でご相談に応じます

がん治療でお悩みの方へ

がん治療 免疫細胞「BAK療法」についてドクターと直接ご相談頂けます。お気軽にご相談下さい。

相談する

お問い合わせ・資料請求

がん治療 免疫細胞「BAK療法」に関するお問い合わせ、資料のご請求を承っております。

資料請求する

きぼうの杜クリニック

〒989-3212
仙台市青葉区芋沢字権現森山82-14

完全予約制
午前  9:00~12:00
午後 13:00~17:00
(休診日 土曜日・日曜日・祝祭日)


Top