“きぼう”を見出す最先端のがん治療・がん予防

HOME > がんの現状

がんの現状

日本で最も死亡率の高い病気

死因別割合(厚生労働省発表)

日本人の3人に1人はがんで亡くなっています。その死亡率は年々増え続けています。日本人の三大疾病と言われる「心疾患・脳血管疾患」は変動があり、死亡率が改善している年も見受けられます。しかし、がんは右肩上がりで推移し、1981年以降、現在に至るまで死亡率はずっとトップで改善がまったく見られません。

日本のがん予防対策

日本のがん予防対策は、早期発見です。がん検診の充実を推奨していますが、早期発見の効果はまったく見られていないのが現状です。がんはとても身近な病気で、毎年約65万人の方にがんが見つかっています。男性の場合2人に1人、女性の場合は5人に2人ががんに罹っています。「あなたの身近な人ががんになる」とも言える状況です。

がんが発症する理由

どんな健康な方でも毎日がん細胞が発生している

どんな健康な方でも毎日約3,000個以上ものがん細胞が発生していると言われています。しかし、全ての人ががんになる訳ではありません。免疫細胞ががん細胞を駆除しているので発症しないのです。免疫が弱くなるとがん細胞を完全に駆除できなくなり、駆除しきれなくなったがん細胞が増殖を始め、倍々で分裂し増えていきます。

健康時(がん細胞と免疫力の関係)

健康時

健康時は免疫ががんよりも強いため、発症しない。

発症時(がん細胞と免疫力の関係)

発症時

発症時はがんが免疫よりも強いため、駆除しきれない。

がんの潜伏期間

がん細胞が分裂を繰り返し、約30回に達した時、初めて最新の画像診断装置で“がん”として認識されるようになります。この時の大きさは約0.7㎝であり、早期がんとして通常発見される大きさは約1cm、重さにして約1g、がん細胞数は約10億個です。発見されるまでの経過時間は、約10年と言われています。

コンペルツ成長曲線(がん細胞数と経過時間の関係)

恐ろしいのはここからです。「早期がん」→「進行がん」→「末期がん」に至るまで、なんと時間にして約3年と言われています。10年と言う長い潜伏期間をへて、がんが発見されると3年と言う短い期間中に治療を行う事になります。

 

 

 

>>次ページへ「標準治療」

ドクターによる問診

ドクターから直接電話でご相談に応じます

がん治療でお悩みの方へ

がん治療 免疫細胞「BAK療法」についてドクターと直接ご相談頂けます。お気軽にご相談下さい。

相談する

お問い合わせ・資料請求

がん治療 免疫細胞「BAK療法」に関するお問い合わせ、資料のご請求を承っております。

資料請求する

きぼうの杜クリニック

〒989-3212
仙台市青葉区芋沢字権現森山82-14

完全予約制
午前  9:00~12:00
午後 13:00~17:00
(休診日 土曜日・日曜日・祝祭日)


Top