“きぼう”を見出す最先端のがん治療・がん予防

HOME > がんの現状 > 免疫細胞療法のしくみ

免疫細胞療法のしくみ

免疫細胞療法のしくみは、人間が本来持っている「自分の身体と同じもの(自己)と異なるもの(非自己)を見分けて、異なるものを排除する機能」、いわゆる免疫機能を活かしたものです。がんの原因である異常細胞だけを攻撃する免疫細胞療法のメカニズムをご紹介します。

人間の免疫機能

人間の身体には免疫機能が備わっており、自分とは異なるもの(非自己)を攻撃する仕組みがあります。風邪のウィルスや花粉が身体の中に入ると、それを排除しようとするのが免疫機能です。身近な例を挙げると、鼻から侵入した異物が粘膜にくっついたとき、くしゃみによって追い出そうとする行動があります。

がんの原因になる異常細胞も、くしゃみと同様に免疫機能により排除されています。実は、人間の身体のなかには、毎日がんの原因になる異常細胞が5,000個程度発生していると言われています。正常な免疫状態であれば身体から排除しますが、免疫の力が落ちてしまうと異常細胞を見逃してしまうのです。

がんの発生

がん細胞は、正常な細胞の設計図(DNA)に2個から10個程度の傷がつくことで発生すると考えられています。一度で傷ができてしまうとは限らず段階を追って傷が増え、がん化する可能性もあるのです。

細胞に傷ができてしまうと、異常な状態を引き継いで増殖してしまいます。そこに次の異常が起こると、がん細胞が完成してしまうようです。

こうして出来たがん細胞の表面には特有のがん抗原があるため、免疫機能はがん抗原を目印に攻撃を仕掛けます。しかし、免疫機能が低下していると、一部のがん細胞は排除されず、増殖して悪性腫瘍になってしまうのです。

免疫細胞療法の誕生

がんの研究が進むにつれ、がんに罹患した患者さんは免疫機能が低下していることが明らかになりました。そのため、がん細胞を認識し、攻撃することが難しくなっているのです。 今までは、標準的に三大療法(手術療法、放射線療法、抗がん剤療法)を使って攻撃する以外の治療法がありませんでした。しかし、治療は副作用があり、患者さんへの肉体的苦痛を伴うものでした。

免疫細胞療法は、正常な細胞に影響を与えずにがん細胞だけを攻撃することを目的に考え出されました。 免疫細胞療法は1970年代から研究が進められた治療法であり、現在は厚生労働省から先進医療として分類されているものもあります。現状は自由診療になってしまいますが、がん細胞だけを攻撃できる画期的な治療が実現できるのです。

免疫細胞療法の基本的な仕組み

がん細胞は免疫機能の行き届かない状態で増殖を繰り返します。これは、免疫機能が弱っていたり働かなかったりすることが原因であり、本来の役割を果たしていればがんにならなかったはずです。

免疫細胞療法は、患者さんの血液を採取して免疫細胞を取り出します。そして、人工的に細胞の数を増やしたりがん細胞への攻撃を効率化できるよう教育したりして、改めて体内に戻すことでがんを攻撃します。

患者さん自身の免疫細胞を利用するため、再度身体に入れても大きな副作用がないことも免疫細胞療法の特徴で、重篤な副作用はこれまで報告されていません。

樹状細胞ワクチン療法の仕組み

樹状細胞は、1970年代に発見されて以来、世界中で研究が進んでいます。免疫細胞の中でも抗原提示能(異物を発見する能力)が高く、免疫機能全体の司令塔的な役割を果たす細胞です。

樹状細胞ワクチン療法は、患者さんの血液から取りだした樹状細胞の元(単珠)を体外で成長させ、がん抗原を認識させたうえで体内に戻します。つまり、免疫機能として体内で働き、がん細胞を排除するよう、科学的に教育する治療法なのです。

NK細胞療法の仕組み

人間のリンパ球には、NK細胞(ナチュラルキラー)と呼ばれる細胞が存在します。これは、その名の通り、異常細胞やウィルス感染細胞を殺すことが仕事です。体内に発生した異常細胞をすぐに攻撃する初期防衛機能として働きます。

NK細胞療法は、体内にあるNK細胞が弱っているがん患者さんの免疫機能を活性化させる治療法です。

他の治療法と併用できる

免疫細胞療法は第4のがん治療と呼ばれることがあります。がんの三大治療と呼ばれている手術、抗がん剤、放射線と相性がよく、相乗効果で治療を促進する場合も報告されています。

例えば、がんが成長している部位を切除する手術を行うと、大きな腫瘍を取り除くことができますが、全身に転移している可能性がある場合、それらを切除することはできません。しかし、免疫細胞療法を併用することで、免疫システムは全身に散ってしまったがん細胞を発見し、攻撃してくれるのです。

他の治療法と併用しやすい理由は、免疫細胞療法がこれまでの治療と異なる考え方から生まれたものだからです。即効性は望めませんが、患者さん自身の免疫細胞を利用するため、がんの再発予防にも役立つと考えられています。

免疫細胞療法の仕組みは、患者さんの免疫システムを人工的に活性化させ、再び体内に戻すというものです。そのため、他の治療法と併用して効果が期待できるほか、今までに大きな副作用も起こっていません。がん再発予防や転移している場合でも、効果が期待できます。

ドクターによる問診

ドクターから直接電話でご相談に応じます

がん治療でお悩みの方へ

がん治療 免疫細胞「BAK療法」についてドクターと直接ご相談頂けます。お気軽にご相談下さい。

相談する

お問い合わせ・資料請求

がん治療 免疫細胞「BAK療法」に関するお問い合わせ、資料のご請求を承っております。

資料請求する

きぼうの杜クリニック

〒989-3212
仙台市青葉区芋沢字権現森山82-14

完全予約制
午前  9:00~12:00
午後 13:00~17:00
(休診日 土曜日・日曜日・祝祭日)


Top